階段における安全面の対応

2021/03/11

以前より「利用者アンケート」を通して保護者様やスタッフよりご意見を頂いてた階段箇所の安全面についてのご報告になります。
施設内でミーティングを重ねた結果「階段の手すりを付ける」という案で決まりました。工事に取り掛かる前に調査を行ったところ、建物(壁)の構造上手すりを設置した際の強度に問題があり、逆にぶら下がったりしたときに手すりが外れて落下するなどの危険があることが判りました。

上記を踏まえて再度検討を重ねた結果「転倒・踏み外しの軽減」、「転倒した際の衝撃の軽減」、「落下した際の壁への衝突の衝撃軽減」という観点で対応させて頂いくこととなりました。今後状況を観察しつつ、引き続き調査・検討を重ねて、更に安全性を高めていきたいと考えております。

管理者